広島市佐伯区で植木鉢・残土・陶器を処分する方法と費用

広島市佐伯区で処分したい陶器や植木鉢

 

広島市佐伯区で不要になった植木鉢・残土・陶器は素材によって不燃ごみや大型ごみなどとして処分できます。

 

広島市佐伯区の自治体サービスを利用して処分するのはリーズナブルですが、分別や中の植物のカットなどの作業が必要となるので大変です。

 

業者に丸ごと処分を依頼するのが、手間をかけたくない方におすすめです。

 

広島市佐伯区で植木鉢などを処分する方法は、以下が挙げられます。

処分方法 費用の目安 手間
不燃ごみ 0円 × 運搬が大変
安佐南工場大型ごみ破砕処理施設へ大型ごみとして持込 0円
大型ごみの収集に出す 250円〜
買取業者を利用する 0円(プラスになる場合あり) △ 手間がかかる
個人売買 × やり取りが大変
便利屋クリーンアップ 2,200円〜 ◎ 簡単

植木鉢・残土・陶器の処分が面倒で業者に丸投げしたい方は

広島市佐伯区密着の便利屋クリーンアップにお任せください

 

植木鉢・残土・陶器は2,200円〜にて処分を承っております。

 

植木鉢・残土・陶器のサイズや中身の状態などによって料金は異なります。

お見積もりは無料なので、お気軽にご相談ください。

 

電話

メール

ライン

 

便利屋「クリーンアップ」では植木鉢・残土・陶器のをまとめて対応可能です

広島市佐伯区で処分したい陶器や植木鉢

 

便利屋クリーンアップは、植木鉢に中身が入った状態でも丸ごと処分できます。そのため、素材の確認や面倒な分類は必要ありません。

 

とくに、土や植物が入った状態の植木鉢は重量が大きいので、そのまま処分依頼できるのは便利です。

 

なお、周辺に処分したいものがある場合もまとめて処分対応しています。大量の植木鉢であっても、回収・処分可能です。

 

植木鉢のサイズや数量、中身の状態などによって処分費用は異なりますが、あらかじめ見積り金額を提示するので安心です。


自治体サービスでの植木鉢・残土・陶器の処分方法は素材により異なる

広島市佐伯区で処分したい陶器や植木鉢、残土

 

広島市佐伯区の自治体サービスを利用して処分する場合、植木鉢などの素材によって処分方法が異なるので、あらかじめ把握しておく必要があります。

 

植木鉢は、素焼きやプラスチック、陶器などさまざまな素材があります。

 

また、サイズによっても扱いが異なります。幅及び高さの合計が30cm以上の植木鉢は大型ごみ扱いとなります。料金や処分方法は、以下のようになっています。

 

素焼き
陶磁器

・不燃ごみ
・丈夫なポリ袋に入れて出す
・最長の辺の長さまたは最大径が30cm以上のものは大型ごみ

プラスチック製

・その他プラ
・透明または半透明のポリ袋に入れて出す
・最長の辺の長さまたは最大径が30cm以上のものは大型ごみ

土(植木の土)

・不燃ごみ
・少量ずつ、丈夫なポリ袋に入れて出す
・量が多い場合は小分けにして1回に2〜3袋ずつ

 

植木鉢はサイズが30cm未満であれば一般ごみとして処分できます。素材に応じて分類が必要です。

 

大型ごみとして処分する場合は、戸別収集依頼もしくは安佐南工場大型ごみ破砕処理施設への持ち込み処分のいずれかを選べます。

 

自分で運搬(広島市のごみ処理施設に持ち込み)する

大型ごみ扱いの植木鉢は、処理施設へ持ち込み処分することが可能です。

 

事前予約や処分手数料が不要なので、手軽に利用できます。休日開場日のみ予約が必要です。

 

広島市域内の家庭から出る大型ごみ限定ではありますが、対象の方は利用してみると良いでしょう。

 

 

処分費用がかからないのが魅力ですが、大量の植木鉢を処分する場合は、運搬が大変です。

 

広島市の大型ごみ収集に来てもらう

大型ごみ扱いの植木鉢は、戸別収集を依頼して処分可能です。

 

処分費用は、幅及び高さの合計が1メートル未満であれば1点当たり250円です。一般的な植木鉢であれば、250円で処分できるサイズでしょう。

 

なお、1回当たり合計3,000円以内の数量しか収集を依頼できないので、大量に植木鉢を処分する場合は注意が必要です。また、指定場所まで搬出する必要があります。

 


買取業者を利用する

買取してほしい植木鉢

 

買取業者を利用して処分することは可能ですが、植木鉢を売却するのは難しいと考えるのが無難です。

 

とくに、元値が安い植木鉢は再販して利益を得にくいので、売却に対応していない業者が多いです。

 

また、使用済みの植木鉢は汚れが付着しているケースが多いので、ほとんど引き取ってもらえません。きれいにするにも労力がかかります。

 

とはいえ、以下のような植木鉢は売却が成立する可能性があります。

 

  • 特殊なデザインで希少価値がある
  • 用途の幅が広い
  • 骨董品としての価値がある
  • 有名な作者の作品
  • 陶器・磁器製の植木鉢

 

 

植木鉢によっては、人気のデザインであったり、骨董品として価値のあるものもあります。希少価値のある植木鉢は売却できる可能性があります。

 

ただし、価値がある植木鉢でも価値を評価してもらえなければ、売却につながりません。

 

必ずしも買い取りが成立するとは限らないですが、価値の高い植木鉢を処分する場合は、買取業者を利用してみると良いでしょう。


フリマアプリ・ネットオークションを利用する

フリマアプリに出品したい植木鉢

 

植木鉢は中古品としての価値があまりないですが、ネットオークション・フリマアプリを利用すれば売却できるケースがあります。

 

たとえば、以下のような買い手が見つかることもあります。

 

  • できるだけ植木鉢を安く手に入れたい
  • デザインが気に入った

 

ただし、高価買い取りは期待できないので、送料の負担を加味するとほとんど利益を得られない可能性もあります。

 

また、植木鉢を出品する場合は、きれいに洗うなどの手間も発生するので、労力を考えると現実的ではありません。

 

新品で価値の高い植木鉢を処分する場合に検討してみると良いでしょう。


植木鉢・残土・陶器を処分する際の注意点

処分したい植木鉢

植木鉢・残土・陶器を処分する際は、トラブルを避けるため、把握しておくべき注意点があります。

 

植木鉢を処分する際は分類が必要

植木鉢は、中身が入った状態でそのまま処分することができません。

 

たとえば、使用中の植木鉢であれば、中に土が入っているケースもあるでしょう。中身の土は不燃ごみ扱いとなります。

 

植物は袋に入るサイズにカットし、可燃ごみとして処分します。ものによっては作業が大変になります。

 

植木鉢は重量が大きいので、大量にある場合は自力で処分するのが負担になるでしょう。

 

土は森や山へ捨てられない

土は、森や山へ捨てることができません。不法投棄扱いになり、トラブルにつながるケースがあります。たとえば、以下のような状況が考えられます。

 

  • 他人の所有地に捨ててトラブルになる
  • 含まれている化学肥料が自然に影響する

 

一方、自宅の庭もしくは許可を得られたエリアであれば、問題ありません。土の処分に関するマナーを把握しておきましょう。


一番手間なく処分したい人は「便利屋クリーンアップ」におまかせください

便利屋クリーンアップでは、植木鉢・残土・陶器の処分を2,200円〜で承っています。

 

処分する植木鉢・残土・陶器のサイズや種類、中身の状態などによって金額は異なります。

 

お見積もりは無料なので、電話やメール、LINEでお気軽にご相談ください。

 

電話

メール

ライン

 

※電話に出れず折り返す場合は、こちらの番号07042164996よりかけ直しいたします。

電話 メール LINEでお問い合わせ