広島市佐伯区で太陽熱温水器(朝日ソーラー)を処分する方法と費用

広島市佐伯区で処分したい太陽熱温水器(朝日ソーラー)

 

広島市佐伯区では、自治体サービスによる太陽熱温水器(朝日ソーラー)の処分は行っていません。設置業者や専門業者などに、撤去・処分を依頼する必要があります。

 

太陽熱温水器の耐用年数約20〜30年なので、劣化している場合は早めの処分をおすすめします。

 

太陽熱温水器の撤去作業に悩んでいる方は、便利屋「クリーンアップ」へご相談ください。

 

損害賠償保険に加入済みなので、万一トラブルが発生した場合でも責任を持って対応します。緊急を要する応急処置なども適宜行っています。

処分方法 費用の目安
足場を組まない場合 44,000円〜
足場を組む場合 110,000円〜

太陽熱温水器の処分が面倒で業者に丸投げしたい方は

広島市佐伯区密着の便利屋クリーンアップにお任せください

 

太陽熱温水器は44,000円〜にて処分を承っております。

 

太陽熱温水器の撤去費用は、年式や形、作業環境、工数などによって異なります。

お見積もりは無料なので、お気軽にご相談ください。

 

電話

メール

ライン

 

太陽熱温水器撤去費用の相場

広島市佐伯区で処分したい太陽熱温水器(朝日ソーラー)

 

太陽熱温水器の撤去費用の相場は約5〜10万円です。

 

ただし、撤去費用は状況により異なります。太陽熱温水器には、以下のように複数のタイプがあります。

 

  • タンク一体型
  • パネル分離型
  • 水道直圧型

 

タイプによって、処分する際にかかる手間や工程が異なります。

 

とくに、タンク一体型は重量が大きく撤去に複数人必要なので、撤去費用が高い傾向にあります。

 

一方、パネル分離型はパーツの重量がそれほど大きくないので、撤去しやすくなっています。

 

また、設置場所によってもコストが異なります。高所に設置されているなど作業環境によっては、以下のような手間がかかります。

 

  • 足場の設置が必要
  • クレーン車を使用する必要がある

 

作業工数によって、オプション料金がかかるケースがあります。


太陽熱温水器の撤去方法

太陽熱温水器を撤去コストを抑えたい場合、自力での撤去を検討するケースがあります。

 

ただし、太陽熱温水器の撤去は容易ではないので、あらかじめ工程を把握し、撤去可能か判断することをおすすめします。

 

@タンクの水抜きを行う

太陽熱温水器は水がたまっていると、300kgを超える重量となるので、撤去する際は水抜きが必要です。

 

水が大量にたまっている場合、負担になる可能性があります。

 

A貯水タンクと集熱器に分解する

太陽熱温水器は一般的に、「貯水タンク」と「集熱器」で構成されています。水抜き完了後、分解します。

 

B各パーツを設置場所から降ろす

通常、貯湯タンクと集熱器を分解した後で、設置場所から降ろします。

 

設置場所が高い場合や作業環境が狭い場合は、足場やクレーン車などが必要となるので、自力では困難です。

 

安全性が担保できる環境であるかあらかじめ確認しましょう。

 

C 周辺のパーツを撤去する

太陽熱温水器のメインは貯水タンクと集熱器ですが、その他配管・ホースなど周辺パーツがあります。

 

周辺パーツを慎重に撤去していきます。乱雑に扱うと、屋根を傷つけるリスクがあるので注意しましょう。

太陽熱温水器の自力での撤去は困難

撤去したい太陽熱温水器(朝日ソーラー)

太陽熱温水器の撤去には負担のかかる工程が多く、自力での撤去は困難です。

 

たとえば、以下のような状況が考えられます。

 

  • 分解方法が分からない
  • 重量が大きく降ろせない
  • 作業方法を誤り屋根や外壁を傷つける
  • 作業スペースが狭く足場の設置が必要

 

設置環境によっては、自力での作業が困難になります。無理に作業すると建物を傷めたり、怪我するリスクがあるので注意が必要です。

 

安全性や作業の質を担保できない場合は、業者の利用を検討しましょう。


不要な太陽熱温水器は早めの撤去がおすすめ

不要な太陽熱温水器(朝日ソーラー)

太陽熱温水器の撤去費用は高額なので、放置したいと考える方もいますが、不要な太陽熱温水器は早めに撤去することをおすすめします。

 

不要な太陽熱温水器を放置すると、以下のようなリスクがあります。

 

  • 屋根に300kg以上の重量がかかる
  • 台風などの自然災害で部品が飛散する

 

太陽熱温水器は頑丈なものも多く、重量が大きくなっています。中身がない状態でも約100kgあるタイプがほとんどであり、水が入ると300kg以上にもなります。

 

不要な太陽熱温水器を屋根の上に放置していると、屋根に負担がかかるので注意が必要です。

 

屋根に不具合が発生し、雨漏りや建物の劣化が生じると、修繕費用が高額になる可能性があります。

 

また、劣化すると、部品が飛散して二次被害のリスクもあります。

 

トラブルが発生した場合、太陽熱温水器の撤去費用以上のコストが発生する可能性があるので、早めの対処をおすすめします。

 

太陽熱温水器の耐用年数約20〜30年なので、長期間使用している場合は状態を確認しましょう。


一番手間なく処分したい人は「便利屋クリーンアップ」におまかせください

便利屋クリーンアップでは、太陽熱温水器の処分を足場を組まない場合は44,000円〜、足場を組む場合は110,000円〜で承っています。

 

撤去する太陽熱温水器の年式や形などによって金額が異なります。

 

お見積もりは無料なので、電話やメール、LINEでお気軽にご相談ください。

 

電話

メール

ライン

 

※電話に出れず折り返す場合は、こちらの番号07042164996よりかけ直しいたします。

電話 メール LINEでお問い合わせ